高橋建築 ブログ
とっぷへ リフォーム提案へ 施工物語へ 自己紹介へ お問合せへ


お施主様は80代のご夫婦。
寝室が寒いことと、雨トヨが傷んでいたこと。
それを改善・改修するために、リフォームを検討されたそうです。
広告をたくさん出している大きな会社さんは、外壁の全塗装、別棟の倉庫、外壁の張替えなど、様々な工事も交えた提案をしてくれたそうですが、見積りが予算と大きく食い違いびっくりされたとのことでした。
N様とはご紹介で出会いました。
2011年12月にN様のお宅にお邪魔して、いろいろお話を伺いながら、お住まいのチェックをさせていただきました。その際、住まいの基礎部分が濡れていることに気付きました。
“おかしいな?”と思い原因を探ってみたら、浴室のタイルのつなぎ目から水が出ていました。
いわゆる水漏れです。浴室壁面が損傷している状態で、これでは住まいの寿命を縮めてしまいます。
そのご報告をしたことで、寝室の寒さ対策は後回しになり、水漏れと対策を含めたお風呂のリフォームに話が変わりました。
お金や時間に余裕があれば全部いっぺんにリフォームすることもできるでしょうが、そうでない場合は、きちんと優先順位をつけることが大事だと思います。
お風呂の入れ替えだけならカンタンにできますが、N様がご高齢であることから、ヒートショックにならないよう断熱性を高め、水漏れを直すことと合わせてプランニングしました。
お見積りと合わせてプレゼンを行いました。
雨トヨは雪の重みで下がって傷んでいましたので、今後の痛みを予防するため受け金具を増やし交換する提案をしました。
N様は、予算内であることと信頼できる方からの紹介ということで安心され、
その場で即決していただきました。
ご契約は2012年1月でしたが、気候が暖かくなってから、のご希望で春まで待つことになりました。
1 :
古いお風呂を解体・撤去しました。
今まで目には見えなかった部分があらわになります。
柱が水を含んでしまって腐っていました。
2 :
土間コンクリートを打って、柱を入れ替えました。
3 :
アルミサッシを複層ガラスのサッシにし、断熱性を高め、結露しにくくしました。そして外壁の下地をつくりました。
4 :
ユニットバスを入れ替えるために間口を広げました。
その分、洗面化粧台を移動するので、それに合わせて壁を広げてゆったり使えるようにしました。
5 :
暖かくなるように、天井もお風呂場も断熱材を入れて張り直しました。
6 :
ユニットバスを設置して手すりもつけました。
7 :
脱衣室も、将来手すりがつけられるように下地を仕上げました。
8 :
クロスを貼り、完成です。
9 :
合わせて脱衣室の外壁も作り直し、
塗り壁で仕上げました。
10:
電気配線工事と
器具を取付けます。
11:
そして、完成。
N様は“暖かいお風呂になった”と大変喜んでくださいました。
その後も、トイレのつまりや温水器の不調などがあると声をかけていただいています。
これからも「住まいの主治医」として、お住まいと暮らしをお守りしようと思います。
営業エリア 松本市 安曇野市 塩尻市 山形村 朝日村
高橋建築
〒390-0828 長野県松本市庄内1-7-7
TEL:0263-25-9663 FAX:0263-25-9884
携帯:090-4729-8380 Mail:nori-tak.1041@rice.ocn.ne.jp